侵入者

森の奥のある秘密
僕は古ぼけた写真のような丘陵で
羊達を眺めながらその妄想にかられた

あの森の奥には知られざる野生の生態があり
僕は抵抗するすべもなく焼かれてしまうのではないか
そこにあふれる魔力の熱によって

丘陵の中に歩を進めると
あちこちみだらによく乾いた糞があり
草の匂いとまじる
一歩ふめば小さな虫が飛び出し
時折ガサガサと枯れ草を摩擦するノイズがあり
僕は全くリズムの合わない生物となって
平和な丘をあるく
異質なものの侵入
出来うる限り彼らの邪魔をしないよう
刺激しないようそれでいて毒など浴びせかけられないよう注意を払った

西の空高く二匹の鳥が飛んだ
途中で一匹が急に角度を落とし森の中に消えた

僕はそれでもつまらないことを止められない虫のように
森の秘密へと一歩一歩進んでいった
ふと後ろを振り向くと僕通った道だけがながく麓へと続くブザマな形跡を残していた
[PR]
# by takesiitake | 2015-02-21 20:13 | memo


現在日々徒然


by takesiitake

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
独白
memo
LIFE
未分類

以前の記事

2015年 02月
2015年 01月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月

お気に入りブログ

フランス存在日記
のんたんのデジタルな風景
anonym
Signifie/Sig...

ランキング参加

外部リンク

ライフログ


孤独


声とギター ジル・ルミノーゾ


Ok Computer

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

つぶやき
創作小説・詩

画像一覧